NHK大河ドラマ『真田丸』ワンポイント8話目「北条家 味付けは京都風?」

8回目

毎回汁かけ飯がネタにされてしまう北条氏政。

セレブなお方なので、いわゆるねこまんまではなく京都風の味付けだったかもしれません。(みかめ)

氏政の「汁かけ飯」について、NHK大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の西股総生先生から一言↓

初代の伊勢宗瑞が幕府の高級官僚出身である事、氏綱以降も京都とのパイプを維持している事、関東にはない京都風の精製カワラケが小田原城で出土する事等から見て、北条家の味付けは京都風だった可能性が高い(西股談)

果たして氏政はどんな味付けだったんでしょう?細かいところを想像しながら見るとより楽しめますね。
NHK大河ドラマ『真田丸』西股総生先生のワンポイント講座の全文はこちら
ブログ=http://ameblo.jp/team-nawabaring
FB=https://www.facebook.com/teamnawabaring/

というわけで『真田丸』ワンポイント8回目でした。

◆大河ドラマのおともに、『ふぅ~ん、真田丸』もぜひどうぞ!

◆戦国の城を知るならこれ!真田丸の戦い方、上田城の戦い方、名胡桃城の縄張図も網羅!
図解 戦国の城がいちばんよくわかる本


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です