NHK大河ドラマ『真田丸』ワンポイント27話目「名護屋城本丸 石垣まるっと埋めて大拡張!?」

27回目

肥前名護屋城は築城後に大改修が行われたらしく、本丸南側の石垣を「横矢掛り」もろとも埋め、拡張したと推定されています。さすが太閤スケールが違う!

ちなみに三成が実際にこの時期ソロバンを使っていたかは不明。久野重勝が所持していたという日本最古のそろばんは1591年のもの。この時期、三成も導入していたかもしれません。
NHK大河ドラマ『真田丸』西股総生先生のワンポイント講座の全文はこちら
ブログ=http://ameblo.jp/team-nawabaring
FB=https://www.facebook.com/teamnawabaring/

というわけで『真田丸』ワンポイント27回目でした。

◆大河ドラマのおともに、『ふぅ~ん、真田丸』もぜひどうぞ!

◆戦国の城を知るならこれ!真田丸の戦い方、上田城の戦い方、名胡桃城の縄張図も網羅!
図解 戦国の城がいちばんよくわかる本


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です