『北条太平記』 桜雲社より12/16発売 北条太平記

内容紹介

なんとな~く最新研究に基づいた新感覚の戦国エンタメ4コママンガ!!
ヤンキー、強メンタル、インテリ極道、記録魔、数寄者、築城マニア etc.
個性的の一言では片付けられないヘンな武将たちが勢ぞろい!!
5代100年にわたって内紛を一度も起こさなかった戦国最強の大大名
北条氏ってこんなにおもしろかったんだ! とイメージがくつがえる!!

【目次】
第1章 新九郎のてへぺろ国盗り物語
第2章 氏綱の話せば長~い国づくり
第3章 氏康の関東ヤンキー三国志
第4章 氏政とにぎやかな兄弟たち
第5章 氏直くんのお仕事
北条太平記
漫画:みかめゆきよみ
原作・監修:西股総生
定価:本体1,200円+税
発行:桜雲社
発売日:12月16日〜19日を予定(お住まいの地域や購入場所によります)


新着情報

メルマガ配信始めます

NHK大河ドラマ『真田丸』の放送後に配信しているTEAMナワバリングの大河ワンポイント講座。

NHK大河ドラマ『真田丸』の戦国軍事考証をつとめる西股総生先生の解説に私のイラストを添えて本放送の後にアップしている企画ですが、ツイッターをやっていない方にも配信できるよう、メールマガジン形式で配信することにしました。

TEAMナワバリングの『真田丸』ワンポイント講座

ロゴ

毎週日曜日21時にその日の放送のワンポイントをお伝えします。

メンバー各自の活動情報や、歴史界隈のオススメ情報、

メルマガオンリーの情報の配信などを考えております。

登録のほど、何卒よろしくお願いいたします!

 

大河ドラマのおともに、『ふぅ~ん、真田丸』もぜひどうぞ!


NHK大河ドラマ『真田丸』ワンポイント3話目「くるみゴリゴリは丹波昌幸オマージュ」

3回目

クルミシーン、NHK新大型時代劇『真田太平記』で丹波哲郎扮する真田昌幸が地炉ノ間にてカチカチしていたのを思い出します。このときの信繁(幸村)役が草刈正雄。何十年かして再び真田家が大河ドラマになることがあったら、今度は堺雅人が昌幸役になるかも…!?

西股総生先生のワンポイント講座の全文はこちら

ブログ=http://ameblo.jp/team-nawabaring

fb=https://www.facebook.com/teamnawabaring/

第3話、真田太平記のオマージュがちょろちょろ。
兄弟の差が見えてきましたね。
信幸、昌幸にはめられて、寿命が20年減った感(それでも93まで生きる)

masayuki

 主家・武田家を滅ぼした織田家に付く決心をした昌幸。ここから真田家は、大勢力の中で命がけで生き抜くことを余儀なくされていきます。

 

というわけで『真田丸』ワンポイント3回目でした。

大河ドラマのおともに、『ふぅ~ん、真田丸』もぜひどうぞ!


『ふぅ~ん、真田丸』 重版決まりました。

出版から1ヵ月、嬉しい報せが………!

ふぅ~ん、真田丸

『ふぅ〜ん、真田丸』 重版が決まりました!

初めての単著、大好きな真田、そして重版…それもこれも皆様のおかげです!

ありがとうございます。

重版に合わせ、ちょこっと修正しました(内容の修正はありません)

 

まだ読んでないよという方、この機会にぜひ!


NHK大河ドラマ『真田丸』ワンポイント2話目「勝頼様、最期の夜は雑魚寝…」

2回目

1回目の放送後、はかなくて美しい様子から「悲劇のヒロイン…!」と話題を独占した武田勝頼。ドラマでは描かれませんが、最後の夜はこんな感じで雑魚寝していたのではないでしょうか…!? という妄想の一枚。

2回目参考画像

そして小山田信茂も、ログアウト…

以下、NHK大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の西股総生先生のワンポイントの引用。

ちなみに『甲陽軍鑑』によれば、勝頼一行が最後の夜を過ごしたのは普通の民家、主従十数人での雑魚寝だったらしい(;_;)

 

西股総生先生のワンポイント講座の全文はこちら

ブログ=ameblo.jp/team-nawabaring

fb=facebook.com/teamnawabaring/

 

『真田丸』2回目、視聴しました。

勝頼自刃。武田家滅亡。真田家は小県領主として独立の道を歩むため、
上杉でも北条でもなく、敵であった織田家に臣従する選択をしました。

CY62S7IVAAA8aS6

拙著『ふぅ~ん、真田丸』でも、昌幸は堂々と織田につくと宣言しています。

生きるために最善の選択をする、そんな真田家の強さを垣間見ることができる回でした(そして家族漫才も面白かったです)

 

というわけで『真田丸』ワンポイント2回目でした。

 

大河ドラマのおともに、『ふぅ~ん、真田丸』もぜひどうぞ!


真田幸村落ち延び説は佐賀にも!?肥前名護屋の「サエモンサマ」

肥前名護屋城周辺の大名陣跡に、真田幸村の墓かも!?と言われている「サエモンサマ」なる史跡がある…という情報を聞きつけ、行ってきました佐賀県。

「サエモン」とは真田幸村(信繁)の官命「左衛門佐(さえもんのすけ)」のことなのでは!?というわけです。

肥前名護屋城歴史ツーリズム協議会の田中さんの案内の元、まずは肥前名護屋城を堪能(こちらは別記事にて)。

そしてサエモンサマとご対面です。

IMG_1341

IMG_1342

真田昌幸の陣跡の裏山をずんずんと登っていく田中さん。

ちょっとわかりづらいところにあるので、のぼりを立てる予定だそうです。

肥前名護屋城のすぐそばの道の駅にも行き方を記した地図がありますので、行かれる際はチェック!

IMG_1356

これが地元の方に「サエモンサマ」と呼ばれているお墓です。特に文字が刻まれてはいませんが、近くの塔に「寛永十年」(1633)と彫られているとのこと。

IMG_1345

地元の方は真田幸村のお墓だと思っており、お彼岸にはお供え物をして供養しているのだとか。

肥前名護屋城を巡るついでに、「サエモンサマ」に手を合わせてはいかがでしょうか?

↓ゆる~~い「サエモンサマ」が登場する4コマ漫画『ふぅ~ん、真田丸』もどうぞ!

 

 


1 27 28 29 30 31 32 33 35