『北条太平記』 桜雲社より12/16発売 北条太平記

内容紹介

なんとな~く最新研究に基づいた新感覚の戦国エンタメ4コママンガ!!
ヤンキー、強メンタル、インテリ極道、記録魔、数寄者、築城マニア etc.
個性的の一言では片付けられないヘンな武将たちが勢ぞろい!!
5代100年にわたって内紛を一度も起こさなかった戦国最強の大大名
北条氏ってこんなにおもしろかったんだ! とイメージがくつがえる!!

【目次】
第1章 新九郎のてへぺろ国盗り物語
第2章 氏綱の話せば長~い国づくり
第3章 氏康の関東ヤンキー三国志
第4章 氏政とにぎやかな兄弟たち
第5章 氏直くんのお仕事
北条太平記
漫画:みかめゆきよみ
原作・監修:西股総生
定価:本体1,200円+税
発行:桜雲社
発売日:12月16日〜19日を予定(お住まいの地域や購入場所によります)


新着情報

「ふぅ~ん、真田丸」登場人物紹介(1)

シブサワ・コウ氏、新大河ドラマ『真田丸』への技術提供が決定

ゲームのCGが大河ドラマで使われる時代が来ましたか!
ゲームレビュアーの端くれとして嬉しい限りです!昨日の予告編から立て続けの情報にドキドキしっぱなしです。
さて、今日の「ふぅ~ん、真田丸」の小ネタは人物紹介(1)です。
本作にも様々な武将が登場しますが、帯では真田家の主要メンバー3人と、
こちらの3人をチョイスしました。

20151214_01

大谷吉継、徳川家康、伊達政宗です。
この3人は幸村にものすご~く関わりの深い人物なのでチョイスせざるを得ませんでした。
大谷吉継は幸村の岳父。徳川家康は好敵手。そして伊達政宗は…
「あれ、伊達政宗はそんなに絡んでいなくない?」とつっこまれそうですが、
いやいやそんなことはございません。むしろ「その後」に関わる人物です。

というわけで本作ではかなりの頻度で登場します。
「もしかしたらここでこんな会話しているかもね」という想像も交ぜつつ…
詳しくは本編をお楽しみに!

個人的に気に入っているコマをチラ見せ。

20151214_04

気配のない大谷吉継

20151214_03

悪い顔全開の徳川家康

 

20151214_02

伊達政宗はイケメンですよ!そして側には片倉小十郎景綱。
父親、兄弟関係でいろいろあった政宗にとって幸村はこんな風に映っているのかなと思いながら。

こんな感じで次回は帯で紹介しきれなかった人物についてちょろっと触れていこうかと存じます。

 

拙著の「ふう~ん、真田丸」発売は12月18日です!

実業之日本社のページへ


「真田丸」戦闘設備全部のせ!

NHK大河ドラマ「真田丸」予告きましたーーーーー!

(見ている)

 

 

…もったいぶってる感、すごい。
でも六文銭+赤備だけでなんでこんなに燃えるんだろう。
本編始まったら毎週燃え尽き症候群になってしまう…!

さて、拙著「ふぅ〜ん、真田丸」の本日の小ネタいってみましょう!

「真田丸」言ってるくらいですから当然出ますよ、真田丸!

「遺構がよくわかっていない」ことを逆手に取り、かなり好き勝手させていただきました。

題して「戦闘設備全部のせ!」

敵を倒す為のあんな遺構こんな遺構をこれでもかってくらい盛り込みました。

(某関東の雄のお家芸と言われてきたアレとかも入れちゃいました)

20151213_112502984_iOS

チラ見せ。
もったいぶってみました(笑)

 

余談ですが私もこそっと参加しているTEAMナワバリングの長・マッド西股先生が第一話の試写会に行ってきたそうです。その内容はこちらに…ああ〜期待せずにはいられない!

 

拙著の「真田丸」もどうぞよろしくお願い致します。

発売は12月18日です!

実業之日本社のページへ


「ふぅ〜ん、真田丸」見本誌が届きました。

ふぅ〜ん、真田丸ふぅ〜ん、真田丸

12/18発売の拙著「ふぅ〜ん、真田丸」見本誌が届きました。

感慨深いです!

改めて見ると4コマなのに描き込みが非常に多いです(笑)

内容は出版社HPに詳細が記されています。

・個人的には幸村が単騎突入して終わりという内容にはしたくはなかったので、その後の関連人物についても触れております。

・巻頭カラー6ページ!豪華〜〜!

・本郷和人先生節のきいた解説も随所にあり!

・ちなみに出版社HP等では内容解説に「三井奉膳」と記されておりますが、本文では最後まで考えた末「景国」を採用しました。

 

こちらではネタバレにならない程度に小ネタや裏話も語っていけたらと思います。

 

本は18日に書店に並びますのでどうぞよろしくお願い致します。

 


イラスト:真田幸村

sanada1 sanada2 sanada3

スマートフォン向けアプリ用に作成。


イラスト:明智光春

akechi

卯年の年賀状でした。


1 31 32 33 34 35