NHK大河ドラマ『真田丸』ワンポイント2話目「勝頼様、最期の夜は雑魚寝…」

2回目

1回目の放送後、はかなくて美しい様子から「悲劇のヒロイン…!」と話題を独占した武田勝頼。ドラマでは描かれませんが、最後の夜はこんな感じで雑魚寝していたのではないでしょうか…!? という妄想の一枚。

2回目参考画像

そして小山田信茂も、ログアウト…

以下、NHK大河ドラマ『真田丸』戦国軍事考証の西股総生先生のワンポイントの引用。

ちなみに『甲陽軍鑑』によれば、勝頼一行が最後の夜を過ごしたのは普通の民家、主従十数人での雑魚寝だったらしい(;_;)

西股総生先生のワンポイント講座の全文はこちら

ブログ=ameblo.jp/team-nawabaring

fb=facebook.com/teamnawabaring/

『真田丸』2回目、視聴しました。

勝頼自刃。武田家滅亡。真田家は小県領主として独立の道を歩むため、
上杉でも北条でもなく、敵であった織田家に臣従する選択をしました。

CY62S7IVAAA8aS6

拙著『ふぅ~ん、真田丸』でも、昌幸は堂々と織田につくと宣言しています。

生きるために最善の選択をする、そんな真田家の強さを垣間見ることができる回でした(そして家族漫才も面白かったです)

というわけで『真田丸』ワンポイント2回目でした。

大河ドラマのおともに、『ふぅ~ん、真田丸』もぜひどうぞ!


コメントをどうぞ

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です